23接点パッシブアッテネーターキット


注目のパッシブアッテネーター

パッシブアッテネーターが注目されています。 シンプルでコストパフォーマンスが良い点が評価されていますが パッシブアッテネーターの本当のメリットは電源を使用しないという点です。 電源ノイズやアースの問題が一気に解決します。 反面、パワーアンプとの相性は神経質です。 しかし、パッシブアッテネーターの澄み渡った音質は他に代えがたくぜひ体験していただきたいと思います。

A特性を実現

本キットは業務用の「dBステップ」アッテネーターではなく、 一般的な音量調整ボリュームに近い『A特性』です。 スタジオや音響機器測定試験では「dBステップ」のアッテネーターが使用されますが、 これを一般的なオーディオ機器と組み合わせた場合、 細かな音量調整がしにくいという欠点がありました。 本品では人間がリニアリティを感じる音圧カーブ(A特性)を採用しています。

測定器用の高信頼性パーツを使用

音量調節を行う23接点ロータリースイッチにはオシロスコープ等の測定器用に開発された高信頼性の23接点ロータリースイッチを使用しました。 通常のボリュームと比較すると接点部分の接触抵抗が低く、 歪も少ないため微小信号をロスなく切り換えることができます。 そのためボリュームで抵抗体が酸化することで起こる『ガリオーム』が発生しません。 本品はMUSICAパッシブアッテネーターatt64に使用されているものと同じものを使用しています。

23接点パッシブアッテネーターキット仕様

音量調節 23接点 Aカーブ
入力 RCA3系統
出力 RCA1系統
基盤サイズ 50mm×50mm
価格  ¥20,000(税別)
基盤は完成品です。基盤には入力切換スイッチや入出力のRCAジャックも接続済みですのでケースなしでそのままでも使用できます。

2種のキットを組み合わせてプリアンプに

23接点パッシブアッテネーターキット真空管バッファアンプキットを組み合わせて 高性能プリアンプに発展させることが可能です。 半田付けの必要はありません。パッシブアッテネーターのRCA出力ジャックと真空管バッファアンプキットのRCA入力ジャックを RCAケーブルで接続するだけでOKです。さらにを高品位なRCAジャック変更したり、抵抗やコンデンサーを好みのものに交換することも。 このように徐々にステップアップしていけるのもキットの楽しみのひとつです。

お買い求めは店頭販売または通信販売で

本品のお買い求めは通販、または当社モデルルームで行っています。
通信販売・・・YAHOOショップで販売しています。
店頭販売・・・お電話・メールでご連絡後、お越しください。
       お支払いは現金・カードに対応しています。
       土日祝日等にご来社の場合はご連絡ください。
株式会社 ムジカコーポレーション
郵便番号 503-1614  岐阜県大垣市上石津町一之瀬1996番地
電話 : 0584-51-6232   mail : eigyou@musika.jp

ページのトップへ戻る