スピーカースタンド型サブウーハー falco


ステレオ再生ではサブウーハーも2本必要

スピーカースタンド型サブウーハーFalcoです。 Falcoはイタリア語で鷹を意味します。 サブウーハーは過去に多くの製品が発売されましたがいずれも定着することなく現在に至ります。 ムジカはこの原因を3つであると考えました。 人間は100Hz以下の音は方向性を感じられないと言われてきましたが 最近の研究では異なる見解もあります。 遠くで雷が鳴った場合でも人間はその方向を感じ取ることができます。 ステレオ再生ではサブウーハーも2本である必要があると考えます。

サブウーハーの設置場所は適切?

これまでのサブウーハーは100Hz以下の低域には方向性がないという間違った考え方によって、 部屋の隅やステレオイメージがらかけ離れた本来スピーカーが設置されるべきではない位置に置かれていました。 サブウーハーといえどもメインスピーカーと同様設置場所によって大きく音質が変化します。 ムジカではサブウーハーをスピーカースタンド型にすることによって サブウーハー設置のための最適な位置であるメインスピーカーと同位置に設置するようにしました。

-18dB/octや-24dB/octネットワークの弊害

嘗てのサブウーハーはカットオフ周波数以上をできる限り急峻にカットすることが良いとされてきました。 メインスピーカーとのつながりは二の次にされてきました。 Falcoは-6db/octのなだらかなカーブでメインスピーカーに自然に重畳させる方法をとっています。 これを可能にしたのは米国エミネンス社のベースアンプ用ユニットと 米国TRIADマグネット社のネットワーク素子です。 Falcoには25cmウーハーが本体底部分に取り付けられ、 本体を支える3点支持のセラミック製レッグによってガタツキなくしっかりと設置されます。 ネットワークは内蔵でパッシブ方式。 メインスピーカーに並列に接続するだけですぐに使用することができます。 内臓ネットワークのカットオフ周波数は75Hzと150Hzの切り替えです。

スピーカースタンド型サブウーハー falco仕様

品 名 サブウーハー
ユニット・方式 25cmウーハー 密閉型
再生周波数 32~200Hz
内臓ネットワーク fc=150Hz、fc=75Hz、ネットワークバイパスの3モード切替
能率 90dB/oct/1m
外形寸法 H632mm W360mm D520mm
標準価格 ¥69800(税別・1台)
サブウーハーFalcoは岐阜県大垣市上石津町の弊社試聴室で試聴していただくことができます。

ご試聴は当社モデルルームで

岐阜県大垣市に音響用ログハウスのモデルルームを開設しています。
平日10:00~17:00はスタッフが常駐しており、ログハウスや製品をご覧いただくことが可能です。 試聴をご希望の場合はお電話・メールでご連絡下さい。 また、休業日でも事前にお申込みいただければ試聴できます。

株式会社 ムジカコーポレーション
郵便番号 503-1614  岐阜県大垣市上石津町一之瀬1996番地
電話 : 0584-51-6232
mail : eigyou@musika.jp

お買い求めは店頭販売または通信販売で

本品のお買い求めは通販、または当社モデルルームで行っています。
通信販売・・・電話またはメールでご連絡ください。
       お支払いは銀行振込または上記のカードとなります。
店頭販売・・・お電話・メールでご連絡いただいた後、直接モデルルームに
       お越しください。お支払いは現金または上記のカードです。
       休業日にご来社の場合はご相談ください。
株式会社 ムジカコーポレーション
郵便番号 503-1614  岐阜県大垣市上石津町一之瀬1996番地
電話 : 0584-51-6232   mail : eigyou@musika.jp

ページのトップへ戻る