スピーカーの逆起電力を減少

    
スピーカーダンパーとは?
スピーカーは音声信号で振動板を動かして音を発生します。振動板は信号がなくなった後も慣性で振動を続けようとします。この減衰振動が歯切れの悪い音の原因になります。esd30はスピーカーの起電力を利用して減衰振動に電気的ブレーキをかけ分解能を改善し、ダンピングの効いた低域の再生を実現するものです。


真空管アンプ用とトランジスターアンプ用
真空管アンプとトランジスターアンプでは出力回路の考え方に大きな違いがあります。それぞれのメリットを生かすためにスピーカーダンパーは2種類用意しました。esd30aはトランジスターアンプ用、esd30bは真空管アンプ用になります。(FETアンプはトランジスターアンプの一種です)


純国産・日本製
オーディオ機器は非常に高度な電子機器です。日本の「ものづくり」は故障やバラツキの少なさで品質世界一になりました。これは緻密な設計に加え、長年培ってきた「ものづくり」に対するこだわりがあるからです。ムジカの全製品は水と自然に恵まれた岐阜県・西美濃で製造されています。


使用方法

使用方法はとても簡単です。esd30は2本のケーブルが出ています。逆起電力の発生源はスピーカーですからスピーカー裏面の2つの端子に接続するだけです。esd30に極性はありませんので2本の線をスピーカーのプラスとマイナスどちらになってもOKです。バイアンプ仕様のスピーカーの場合高域と低域の2組の端子がありますが、この場合は逆起電力の大きい低域側に接続する方が有効です。

木材加工は国内で


     

木材加工は養老の滝で有名な岐阜県養老町の指物業「株式会社指増かわい」で行っています。指増かわいは創業明治元年(1868年)。143年目の現在は5代目の川合卓哉氏が刃物を握ります。esdシリーズの木材加工は指物職人の手作業で1つづつ丁寧に仕上げられています。

開発者からお客様へメッセージ
スピーカーダンパーは低域の量は出ているけど、出ている低域に芯がないというときにお勧めです。大型スピーカーやトールボーイスピーカーに効果的です。一言で言えば、きっちりとした低音になります。

esd30a トランジスターアンプ用

      
トランジスターアンプ用です。トランジスターアンプは出力インピーダンスが低いため、逆起電力も強力です。esd30aではトランジスターアンプに合わせて最適化されています。

型  名 esd30a
品  名 トランジスターアンプ用スピーカーダンパー
耐入力 60W (連続15W)
周波数特性 DC〜100KHz
外形寸法 W85mm×H50mm×D50mm
標準小売価格 ¥19,800(2ヶセット・税別)

esd30b 真空管アンプ用

     
真空管アンプ用です。真空管アンプは出力回路にアウトプットトランスを使用しているため、比較的インピーダンスが高く、逆起電力の影響を大きく受けます。esd30bでは真空管アンプに合わせて最適化されています。

型  名 esd30b
品  名 真空管アンプ用スピーカーダンパー
耐入力 40W (連続10W)
周波数特性 DC〜100KHz
外形寸法 W85mm×H50mm×D50mm
標準小売価格 ¥19,800(2ヶセット・税別)


musicaは趣味的で本物嗜好のオーディオ機器開発を目指すメーカーです copyright © 2012 MUSICA CORPORATION All Rights Reserved.