ハイルドライバーを使用したスーパーツィーター
Canarinoです。
Canarinoはイタリア語で
カナリヤを意味します。
スーパーツィーターは本当に必要?
現代のスピーカーの高域特性は十分に伸びていてスーパーツイーターは
必要ないほどです。
ところが、実際に聴いてみると高域が足りないことも。
これはスピーカーの指向特性に起因する問題です。
ドームツィーター、ホーンツィーター、リボンツィーターいずれの形式のツィーターも
正面の軸からわずか30度の角度ずれるだけで
20KHzでの音圧は-10dBとなってしまいます。
-10dBとは音量が1/3になるということ。
そのためスピーカーは内側に向けて再生することが理想ですが
あまり内側に向けすぎるとサウンドステージがセンター付近に集まってしまい、
ステレオ感に乏しくなります。
この問題の解決方法として
角度による音圧の減少が問題になる10KHz以上だけを
独立したツイーターで受け持たせることで
超高域の音圧の低下を防ぐことができより細かな調整が可能になります。

ハイルドライバー
ツイーターユニットにはドイツのハイルドライバーを使用しました。
ハイルドライバーはオスカーハイル博士が1970年代に発明しました。
ハイル博士といえば、
アンプに使われる半導体素子『FET』の仕組みを生み出した科学者としても有名です。
ハイルドライバーはリボン型の一種ですが、
その動作が一般的なリボン型とは異なり特殊な動きをします。
そのため一般的なリボン型より能率が高く音の立ち上がりが良いユニットです。
反面、従来型では高域があまり伸びず最高域は30KHzとまりでした。
その後、マグネットがネオジウムが実用化され
新素材が使われたことで高域特性が40KHzまで伸び
スーパーツイーターとして十分な特性を持つに至りました。

ネットワーク内臓
カットオフ周波数は10KHz、クロスオーバー特性は-6dB/octです。
スーパーツイーターには-6dB/octがお勧めです。
『-6dB/oct』とはネットワークの特性で
-6dBは電圧で1/2(半分)を意味します。
octはオクターブで楽器の音程でいう『1オクターブ』と同じ意味で、
周波数でいうと2倍又は1/2倍になります。
つまり『fc=10KHz -6dB/oct』とは
10キロヘルツから周波数が下がっていくと
周波数が1/2になるごとに音量が半分になっていくという意味です。



専用オーディオボードが付属
このツイーターにはノルウェー産天然石エメラルドパールの
専用オーディオボードが付属しています。



Canarino仕様

型  名  Canarino(カナリーノ)
品  名 スーパーツイーター
形  式 ハイルドライバー
再生特性 10KHz~40KHz
入  力 ケーブル70cm付
外形寸法 W123mm × H80mm × D54mm(専用御影石ボードを含む)
付属品 専用御影石ボード
標準小売価格 ¥36,000(税別・ペア)
2018年7月までの発売記念キャンペーン価格 ¥27,000(税別・ペア)
発売日 2018年4月



2018年7月まで発売記念キャンペーンを行っています。
販売は当社直販のみです。
当社試聴室(ログハウス)での試聴も可能です。
お申込とお問い合わせは下記まで電話かメールでご連絡ください。
電話:0584-51-6232
mail: eigyou@musika.jp 

電話番号0584-51-6232(月曜〜金曜 10:00〜17:00)



musicaは趣味的で本物嗜好のオーディオ機器開発を目指すメーカーです copyright © 2012 MUSICA CORPORATION All Rights Reserved.